カクテルローズ
mocomocats.exblog.jp
  Top
2005年 10月 07日 |
二度あることは三度ある。懲りずにまたニャンコを連れて来た。一年で3匹。完全にニャンコウィルスに感染してしまったみたい。かなりの重症。家族に伝染しようとしている(^。^)
二週間程前、近所でダンボールに入って捨てられていた子ニャンコ。名前はモモ
e0092194_11161494.jpg

ミミとよく似た三毛だけど姉妹ではない。捨てられた時には既に片目が爛れて涙が流れ出ていた。可愛そうに・・・でもさすがにもう飼うことは出来ないな。ミミの時に「二匹でおしまいだぞ。これだけは約束しろよ」とボスに念を押されたから・・・・でもほっとけない・・・・でもでも・・・でも・・・・気が付けば車の中に子ニャンコが居た。またやっちゃった。今度ばかりは離婚だな、猫を取るかボスを取るか・・・ん~間違いなく「猫をとる~」
e0092194_1140934.jpg

行きつけの病院に連れて行ったところ、白内障と診断された。目の中にキズがありそれが原因らしい。角膜が飛び出した状態で、目も白く濁っている。おそらく片目の視力は無いに等しいと・・・・3種類の目薬と抗生物質、点滴。顔を洗う際、目を擦る事の無いようにとエリザベスカラーが装着された。写真のエリザベスカラーは私の手作り。ダンボールをまるく切って真ん中に穴を開け、切り込みを入れて装着。病院で支給されたものは大き過ぎて子ニャンコだとスルスルっと外れてしまうし、素材が堅いのでニャンコが嫌がった。ストレスを与えては治るものも治らないからね・・・・頑張れ!モモ!お母さんが絶対治してあげるからね。
[PR]
# by cocomo-s | 2005-10-07 11:16 | 愛猫 |
2005年 10月 07日 |
今夏、我が家にもう一匹ニャンコが来た。生後二ヶ月弱のメスニャンコ。
e0092194_10462030.jpg

名前はミミ。近所のノラニャンが産んだ子。当初この子は片目がひどく爛れていてすぐにでも病院に連れて行かなければ・・・と言う状態。保護して病院に・・・出来れば飼ってやりたい。
猫嫌いのボスをやっとの思いで説得し、チョコを飼う事に同意してくれた。「飼うのは許す。でも俺は世話しないよ。全ておまえがやれよ」の条件付きで・・・
そんなボスに二匹目を飼いたいとは絶対言えない、絶対許すはずがない。今回ばかりは事後報告は通用しない。だけど、事前の相談もできない・・・でもほっとけない・・・でも・・・でも・・・
気が付けば車の中に子ニャンコが乗っていた。
e0092194_1152180.jpg

今ではすっかり目も綺麗になっておてんばぶりを発揮中。
[PR]
# by cocomo-s | 2005-10-07 10:46 | 愛猫 |
2005年 10月 07日 |
昨年11月17日、我が家に1匹のニャンコがやってきました・・・・
e0092194_816123.jpg

名前は「チョコ」上の娘がひらめきでつけたた名前・・・・
フリーマーケットの店先で鳥かごに入って生涯の飼い主を待ちわびていたニャンコ
誰か貰ってくださいの張り紙。「タダだよ!タダ!」無責任な出店者のおばちゃん・・・
「家では飼えない、ボスがダメだって言うもんな~」と諦め通りすぎた目のクリっとしたかわいい猫。子供が学校から帰って来る時間だ、帰ろう・・・・車に乗り込もうとドアを開けた瞬間
「ニャ~ニャ~」「ニャ~ニャー」
数分後には私の車の中には子ニャンコがいた。
[PR]
# by cocomo-s | 2005-10-07 08:18 | 愛猫 |
2005年 10月 07日 |
「何だか猫屋敷だな~」とボスが言った。
このセリフを聞くのはここ一週間で3回目。さすがに温和?な私がキレタ。
「どこが猫屋敷なのよ。たった3匹じゃない。」
「何で急に怒るんだよ。ただ猫がいっぱいだから猫屋敷だなって言っただけだろ」
「冗談じゃない。私は猫屋敷って言葉が大嫌いなんだよ。毎日掃除機かけてるし、くるくるローラーだってやってる。うんちだってその都度取ってるよ。全然綺麗じゃない。どこが汚いのよ!」
と言った瞬間我に返った。
ボスはただこの狭い家の中で3匹のニャンコ達が動き回っているのを見て猫屋敷と表現したのだ。別に部屋が臭いからとか、うんちだらけだとか、だらしないといった意味で「猫屋敷」と言った訳ではない。勝手に私がそう解釈してキレテしまっただけのようだ。
でも実際は「猫屋敷」って良い意味では使われないような気がするんだけど・・・・どうなんだろ~
今度調べてみよっと・・・・e0092194_028213.jpg
[PR]
# by cocomo-s | 2005-10-07 00:28 | 愛猫 |
2005年 10月 06日 |


亡き父は典型的な九州男児だった。「人生・・義理と人情だ!」が口癖だった。村田英雄をこよなく愛し、「無法松の一生」が十八番だった。生前、家族が迷惑している事などお構いなしに毎日弟子達を家に呼んでは大盤振る舞いしていた。人間に限定されたわけではない。・・仕事先で捨猫を見つけては道具袋に入れて連れて帰って来る・・・・捨てられた子犬を見つけては腹巻に隠して連れて帰る・・・・驚いたのはづた袋から青大将?(蛇)が出てきた事だ。それは捨てられてたわけじゃないでしょう・・・・・他にもカメや、鶏、イタチまで連れて来た。

私には兄が2人いるがなぜか女の私が父の血を受け継いでしまった・・・・良いのか悪いのか・・・・兄2人はお酒が飲めない。私はと言うと毎日晩酌。兄はタバコを吸わない。私は暇さえあれば吸っている(年内に禁煙予定)兄は捨てられた動物を見て見ぬふりが出来る。私には出来ない・・・・・
「義理と人情」
いつも心に留めておこう・・・・
[PR]
# by cocomo-s | 2005-10-06 22:20 |
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Kiss Heart Skin by Sun&Moon