カクテルローズ
mocomocats.exblog.jp
  Top
カテゴリ:ひと( 10 )
|
|
2007年 06月 25日 |
昨日の話・・・

「おっかぁ~、今日、床屋頼む!!」

月に一度の「ボッタクリバーバー」開店です。
この床屋を利用するお客さま(ボス一人だけですが・・)は全裸になっていただきます。
子供がまだ小さな頃はそれでも良かったのですが
やはり思春期の娘もいることですし、全裸はまずいだろうって事で
大事な所には黒のビニール(ゴミ袋)を被せてます(^^;

しかし、このビニールをチョイチョイする奴がおるんですわ。3ニャン程、
しかも爪を立てて・・・

「おぃ!やめろ!いてぇだろうが」

「ちょっと、じっとしててくれんと・・・・ほらみぃ~ここだけ短く刈っちゃったじゃんかぁ~
次から床屋さん行ってやってもらう?そんなに痛いなら・・・」


「いや、次からは新聞で隠す・・」

???
そんなに床屋さん、行くのイヤなのかね??

カットしている時、私の愛用しているトリートメントの匂いがした。
「ねぇ~、もしかして・・あたしのトリートメント使った?」

「おぉ~使った使ったぁ、シットリして手触りが良くなったべ」

はぁ~??

「確かに手触りは良くなったけど・・・地肌丸見えだよ。
毛が薄くなってきたの強調してるよ。多く見せたいなら安いシャンプー使ってパサ付かせなきゃ
ボリューム出さなきゃ!シットリなんて逆効果よ」

[PR]
by cocomo-s | 2007-06-25 08:58 | ひと |
2007年 06月 01日 |


その人とは会った事はない。
ただ1度電話で数分間話しをしたことがある。

「今度、我が家のニャンズを題材に絵を描いてくださいね」とお願いしたっけね。
「ぱんち」と名付けてくれたのもその人でした。


ご冥福をお祈りいたします。

e0092194_22513668.gif

                    
[PR]
by cocomo-s | 2007-06-01 22:51 | ひと |
2007年 03月 07日 |


e0092194_18563134.jpg

今日はボスの誕生日。
娘と一緒にバースディーケーキを作った。

揚げ物が好きで、でも控えなければならないボスに
今日くらいは・・・と「かき揚」を夕飯のおかずにした。
e0092194_19525439.jpg

毎年、ボスの誕生日にボスママから電話が来る。
主役のボスにではなく、私宛・・・
      
      「S子さん、いつもアリガトね。これからも宜しくお願いしますね」


誕生日って本人を祝うだけでなく、産んでくれた母、見守る父、支えるパートナー
に感謝する日なんだなってボスママに教わった。

      
[PR]
by cocomo-s | 2007-03-07 19:15 | ひと |
2007年 01月 07日 |

    

        この子たちのおかげでとっても幸せです

   里親さんになって頂いたご家族から年賀状が届いた。
   成長した姿を見て安堵し、
   添えられた言葉に涙した
   ありがとう。これからも宜しくお願いします♪




                       

                       
e0092194_20232648.jpg

                      
e0092194_20233327.jpg

                  我が家の兄弟ニャンコも仲良しです♪
                       
                       
[PR]
by cocomo-s | 2007-01-07 19:44 | ひと |
2006年 05月 21日 |


e0092194_21272321.jpg

e0092194_2127485.jpg

e0092194_2128342.jpg


  女性が一人
   海を見つめていた・・・・・・
   
    
    
   
[PR]
by cocomo-s | 2006-05-21 21:28 | ひと |
2006年 01月 30日 |


無性に父に会いたくなる・・・・
無性に父の声が聞きたくなる・・・・

なぜだろう・・・・

きっと私の中で父に対しやり残したことがいっぱいあるのだろう・・・・
顔は覚えている、でも声は思い出そうとしても思い出せない・・・・
「S子~なんばしょっとか~」と常に怒られていた私・・・・
あの声が聞きたくて、どこかに声が残ってはいないか
必死にビデオテープを再生・・・・・・・・無い・・・・

もっと一緒に居ればよかった。
一人暮らしなんてするんじゃなかった。
早くに結婚するんじゃなかった

後悔ばっかり・・・・


e0092194_10174448.jpg


父の声が聞きたい・・・・・
思い出せないのが・・・・悔しい・・・
[PR]
by cocomo-s | 2006-01-30 11:52 | ひと |
2006年 01月 29日 |


猫の森のま~さんにマクロレンズをお借りした。
借りたはいいが、撮り方がさっぱり解らない・・・・・
とにかく、ひたすら撮ってみよう・・・数討ちゃ当たるじゃないが
1枚位なんとか様になるのが出るだろう・・・・


e0092194_21411875.jpg


600枚程撮ってみたが今だ↑の様な感じ
全然ダメだ~
何だか物凄く悔しいなぁ~
[PR]
by cocomo-s | 2006-01-29 21:44 | ひと |
2005年 12月 10日 |
自分の歳は意識しないようにしている・・・・・
変に若作りする必要もないし、歳相応で良いと思う・・・・
10代・20代の時は老けて見られた。
30代になって若く見られるようになった・・・・
しかし、体力は衰えているな~。確実に・・・・
どんなに忙しくても、寝不足でも、家族(特に子供)の前では
「疲れた~」
と言わない様に心がけている。
いつまでもハツラツとした妻・母で居たいから・・・・・・
[PR]
by cocomo-s | 2005-12-10 08:41 | ひと |
2005年 11月 01日 |
買い物帰り・・・無性にのどが渇いた。
いつもなら家まで我慢するのだが、空気が乾燥してるのか・・・はたまた風邪をひいているからか・・・口の中がなんだか気持ち悪い・・・
途中の自動販売機でお茶を買う為小銭を入れた・・・すると左側から強烈な視線を感じた。ふと横を見ると煙草の自動販売機でなにやら作業している女性が・・・でもこの人は下を向いてるし・・・誰も見ちゃいないや・・・気のせい気のせい・・・車に乗ろうと歩き出した瞬間・・
「あの~煙草めしあがりますよね~メンソールですよね・・・・もし宜しければこちらサンプルですのでお試しください・・・」
e0092194_157839.jpg

ちょっと待って!確かに私は煙草吸うよ・・・でもさ~「煙草めしあがりますよね~」
って・・・決め付けてないかい?そりゃ、派手な顔立ち・・・ラメ入りの服着てますよ・・・だからってそれだけで煙草吸うって決め付けて欲しくないな~大体、私メンソール吸いません!女性が皆メンソール好きとは限りませんよ~
人を見かけで判断して欲しくないな~
しっかり貰ってきたけど・・・誰かにあげちゃおっと・・・
[PR]
by cocomo-s | 2005-11-01 15:14 | ひと |
2005年 10月 13日 |
「ほ~んと、2人、仲いいわね~姉妹のようだわ・・・羨ましい・・・」
近所の人によく言われた・・・
その通り・・・本当に仲が良かった母と私・・・・それなのに今は・・・・
父が6年前に他界した・・・悪性リンパ腫だった。
正月明けた1月5日仕事先に一本の電話・・・母からだった。
「S子?お父さんが血を吐いて倒れたの。今○○病院に入院しちゃったよ」
まさか!と思った。2日にお年始に行った時はなんともなかったのに・・
慌てて病院に行くと意外にも父は元気だった。
でも・・・考えてみれば毎日一升の酒を飲み煙草は「ショートピース」・・・
異常ない方が異常だ・・・・
精密検査をしたが特に原因わからず・・・紹介された市立病院では「大学病院を紹介します」
その大学病院で初めて病名を明かされた。
父には告知をしなかった。そのことが父の寿命を縮めてしまったのかも知れない・・・
腫瘍はかなり大きくあちこちに転移して行った・・・抗がん剤の影響で毛も大量に抜けていく・・・
シーツに貼りついた抜けた毛を母は泣きながら取った・・・
「ちょっと、お母さん・・・おじいの前で泣くんじゃないよ。泣くならここに来て泣きなよ」
慌ててトイレに呼んで怒鳴った・・・私だって辛い・・・泣きたい・・・・
でも父の前では泣いてはいけない・・・そう決めていた。
威勢がいい割には気が弱いとこがある父・・・ことさら自分の病気に対しては受け入れる事はできないだろう。いくら告知しなかったとは言え、髪の毛が大量に抜け、身体が衰弱していく・・・
始めは8人部屋だったのが4人部屋・・・2人部屋・・・・個室となっていく訳だから否応なしでも解ったのだろう・・・60歳という若さで痴呆になってしまった・・・
「S子・・・今日足場からおっこっちまってな~」
「S子・・・・風呂つけっぱなしで来ちまったけど見てきてくれ・・・」
「S子・・・さっき食った焼肉うまかったな~明日は寿司食うべ~な」
「看護婦さん・・・」私の名前すら忘れてしまった・・・
大学病院は冷たいものだ・・・痴呆になった父を前に「精神病院」への転院を薦めた・・・イヤ出て行ってくれ!だ・・・腫瘍が無くなったわけではないのに・・・
病院の言い分は「治す気のない患者さんを入院させておけない。病室が空くのを待っている人がたくさんいるから」
「治す気がない?誰が・・・気があるもないも本人ボケちゃったんだからわかりっこないじゃない!それともなんですか・・・私たち家族に治す気が無いって言ってんですか・・・」
言うだけ言って次の日、近くの精神病院に見学に行った・・・
しかし・・・皮肉にもその2日後・・・父は亡くなった。
世間体を気にする父だけに精神病院入る事がイヤだったのだろう・・・
総てを悟った上で・・・・死んだ・・・・
父の死がきっかけとなり家族はバラバラになった・・・・
仲良し姉妹とまで言われた母とも・・・・
[PR]
by cocomo-s | 2005-10-13 22:22 | ひと |
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Kiss Heart Skin by Sun&Moon