カクテルローズ
mocomocats.exblog.jp
  Top
目の前の小蝿
2005年 12月 11日 |
昨夜は1時間程の睡眠だった。
1時間寝たのかも定かではない。
最近、お隣のお宅が「深夜の家族団欒」を日課にしている。
決まって夜中の1時・2時に若夫婦と2歳程の子供がお遊戯をするのだ。

「グ~ チョキ パ~でグ~ チョキ パ~でなにつくろ~~~~~♪なにつくろ~~♪
  右手はグ~で左手はパ~で・・・・♪」

「はいはい・・・・お餅つきでしょ・・・」
知っている歌だけに私も次がわかってしまう。
寝ようにも頭から離れない・・・・

「アイアイ アイアイ ♪♪お~さ~る~さ~んだよ~~~~~~」
これも知ってるよ・・・・・

私は決して子供が嫌いではない。むしろ好きな方。近所・友人のお子さんを預かるのも全然苦にならない。赤ちゃんが夜鳴きする事も経験しているのでうるさいと思わない。当たり前だと思う。しかし!真夜中のお遊戯は親の神経を疑ってしまう・・・・
今時の家は雨戸がない分、音をさえぎる事が出来ないのかな?
お陰で今朝はボス弁の画像を撮る元気もなく、目の前にはお星様じゃなく小バエがたくさん飛んでいるかの現象がおきた。ボスを送り出し、家事を済ませ少し寝た。
また、今夜もお遊戯があるのかな?発表会が近いんかな?
[PR]
<< プレゼント・・・・ ページトップ あと少しの勇気・・・・・ >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Kiss Heart Skin by Sun&Moon